トレンドライン設定の必要性

FXでまず覚えなければならないのが、
トレンド相場とレンジ相場ですよね。

日本円を例にするとよくわかりますが、
1円から3円位の間でうねうねと上下して
動いて行くレンジ相場時期が続いたかと思うと、
急にトレンド相場が始まったりします。

一方向に動き始めてしまう時期で、
大ブレイク状態ですから波に乗れれば、
大きな利益に繋がるのです。

でもそこで必要なのは、
どこまで伸び続けるかの判断。

もっと延びると思って決済の
タイミングを失ってしまうものです。

プロのトレーダーに
美味しいところを持っていかれるパターンです。

ですからトレンド相場は勢くので、
失速する時期のトレンドラインの設定が
出来るようにならなければならないのです。

FXはもっとシンプルにやろう。

誰でも旨くいくとは限らないのが、
為替相場を相手にする投資のFXです。

誰かが利益を得られれば、
逆に損をする人もいるのです。

FX会社は売買の仲介役。

でも旨くやって利益をあげて行かないと面白みがなくて、
資金が足りなくなってしまいますから続けていけません。

FXって、複雑に難しく考えていくときりがありませんよね。
テクニカル分析は奥が深いFXの手法です。

FX初心者として細かいグラフとにらめっこなんて、
難しく感じてしまいます。

ですから為替の動きを予測するFXは、
もっとシンプルな投資と考えてやっていった方が良いのです。

まずは、為替の動き出す要因を
つかんでいけるようになっていくことです。

つかんで行けたら
ここぞというタイミングを逃さないのです。

マネー学としてのFX

誰でもお金をどのように運用していくか、
考えるマネー学については気になりますよね。

先のこと・安心・安定を考えるとまずは貯蓄で、
生活や人生設計にはなくてはならないものです。

そして自分で自由にできる資金が出来てきたら、
元手にもっと増やせるマネー学を考えて見たくなります。

マネー学には色々とありますが、
その中でも堅実性が高いのが、
株式やFX投資です。

まず株式投資ですが、
資金が多く必要で景気に左右されるのです。

そして次のFX投資ですが、
FX会社に預ける資金としての証拠金は
数万円でも始められて、

なにしろ景気の良し悪しに左右されなくて
利益が望めるのは、興味深いものですよね。

ですから、あっという間に、
FX口座数もうなぎ上り、
さらにクリック証券のFX口座なんて取引量世界1位、
DMMFXが取引量世界2位なんて事に!

結構日本人って、好きですよね!

FX業者を使い分ける

FX初心者が使うのは、
たいてい一つの取引業者を使用しての取引になりますが、
FXの専業トレーダーは複数の取引口座を使用して
FXの取引をしていたりします。

複数のFX業者を使用しての取引をしていると
専用ソフトをいくつもダウンロードしていかなければなりませんので
パソコンの容量を多く使用することになりますし、
複数の会社間での取引となるので資金管理も面倒になってきます。

複数の業者を使用してFXをしていく
理由の一番の大きなものとしては
運用資産と取引の安定性を狙ってのこととなります。

たとえば、相場が大きく上下するような大相場になった場合、
大儲けをする投資家もいれば大損をする投資家も同時に出てきます。

大きな上下をするような相場になった場合には、
あまりにも多くの注文が飛び交うために
サーバーがダウンして取引ができなくなる業者も出てきたりしますので、
そういったリスクを抑えるためにも複数の業者を使用していたりと
万が一の事態にも備えられるということになります。

~ミラッテラー!

他業者ではなかなか見つからないような
好成績ストラテジーが揃い、無料登録すれば
すぐにデモトレードでEAが試せる、
どこの業者かといえばFX業者ではないのですが、
Gem-Tradeという業者で新しくミラートレードサービスとして
ゲムdeミラッテラーというのがリリースされました。

MT4の中でも理想的なEAをそのままミラートレードでも使えます。
パフォーマンスもなかなかよく、MT4の設定も不要、
つまりPCで運用するためにVPSを、などという面倒も要りません。

かなり負担が減ってトレードに集中できるんです。

とりあえずしばらくはデモでEAを検証してみましたが、
今年は張り切って、と行きたいモードです。
それにしても変なサービス名ですね。

ノートレ

9月に入って始めてのノートレードデイです。

チャートやバックテストや
他のウイジェットも開いたまま、
しかしやることは仕事です。

チャンスが来たら行くぞ!
などと構えているような気持ちでも
まったく気になりません。

トレードができる状況ではないですねこれでは。
しかしそれでも何度か仕事を放棄しそうになってます。

仕事が終わって長いチャートを見たら
ノートレード大成功といったところ、
これでも負けなかったのだから
トレーダーとしては成長したとも言えるかも!

次は来週です、まずはEAを、
と行きたいところですが、
最近はミラートレーダーに傾倒し始めています。

ストラテジー選択方式ってやはり魅力的ですね、
ランキングもありますし、
過去の超絶なトップストラテジー逸したのは不運だな。。

FXの影響を考える

兼業、副業のFXトレードで大事なのは?

たまに考えることがあります。
そうすると必ず反省だらけです。

例えば生活に影響することがたくさん、
損が出てしまうとイライラしてしまったり、
パソコンから離れることができない、
ちょっとした用事であれば放置して、
大事な用事もできるだけサボってしまう。

イライラするだけならまだしも、
トレードが原因で何かを放棄するのはよくありません。。

24時間いつでも可能なのが
FXだからこそ言えることですね。

チャートを見て裁量するにも、
いつでも見れるとなると
自分の都合よくチャートを考えてしまいます。

やはり時間を決めて、
できるだけ狭く取っていくことで
客観性がジャストフィットするのかな、
という感じがします。

GDPについて

FXを行う上で情報収集は絶対に欠かせません。
経済情勢や政治の動き、
景気や貿易収支などチェックする項目は沢山あります。

「え〜面倒くさい〜」となっちゃうかもしれないけど、
為替の動向を読み取る為にも情報収集はやらないと駄目です。

特に見ておきたいのはGDP(国民総生産)。

その国で生産されサービスが行われたのかを
合計金額で表した物です。

これをチェックしておけば
その国の掲載活動の様子は一目瞭然。

そしてGDPをチェックするならば、
経済成長率も見ておきたい所。
景気の動向が一発で分かります。

ちなみに世界で1番GDPが高いのはアメリカ。
中国と続き、日本は3番目。

経済成長率では1番高いのはなんとリビア。
シエラレオネ(どこ?)と続き、
モンゴルは3番目(2012年)日本はというと、
あんまり高く無い……。

まぁ成熟国だから仕方ありませんが!

円高と円安について

FXと円高・円安には密接なつながりがあります。

例えて言うなら社長と秘書。
生徒と女教師というエr…。

いやそういう意味じゃなくて(大汗)
誰しも学校の授業で1度は習っている事とは思いますが、
おさらいの意味も兼ねて取り上げてみたいと思います。

1ドル=100円を基準として見ると、
これが90円になれば円高。
110円になれば円安になります。

安くなると円が高くなり、
高くなると円が安くなる。

ちょっとややこしいかもしれませんが、
「逆になる!」と覚えておきましょう。

要は価値の問題ですね。
日本円が対ドルで100円から90円になると、
円の価値が高くなるってことです。
1ドルの物を100円で買えるか90円で買えるか、
90円で買えた方が日本円の価値が高くなったってことですもんね。

FXの基本としては
円高になれば買い円安になれば売り、
その差額分が儲けになる。

どれぐらい密接なつながりがあるのか、
分かって頂けたでしょうか。

それこそ正しく団地妻と旦那がいない時間を見計らってやって来た、
不r(ryこれ以上書くと違う意味で危ない記事になりそうなので、
今日はここまで。。。