車買取で契約後に減額されることはあるのか

どうもー、岐阜県在住の車好きサラリーマンカー太郎です!

車を売るために色んな努力をして、やっと売るための契約をしたのに、その後に減額されることがあるのか気になりませんか?

実は、車の再査定はあります。

でも、納得できないですよね。

なので、対処法を紹介しますね。

まず、何故再査定がされるのかというと、それは契約書がミソになります。

契約書には、「契約後に、査定時には確認できなかった不具合が見つかった場合、減額する可能性があります」と記載されているのです。

その為、跡で見つかった不具合に関してはマイナスになってしまうので、減額されてしまうのです。

そして、これは法的には有効になります。

では、どうすれば良いのかですが、まずはそのままの金額では難しいのかを確認してみてください。

買取業者は、信用が大事なので減額をするというのは、プロとして査定時に見落としたことになり、信頼できないという状況になりますので、避けたいと思っているはずです。

なので、「契約した後に不備が見つかって減額されるのは納得でないし、信用できません」とはっきりと伝えてみてください。

恐らくは信用を落としたくないので妥協してくれると思います。

次に、減額の原因が事実なのかを確認してください。

契約後に減額される場合、ほとんどは手元に車はありません。なので、高く売れると見せかけて減額し、仕入れ価格を抑えようとしている場合もあります。

なので、「現車を確認させてもらい、納得できないうちは応じない」と強気に出てみましょう。

確認させてもらえないなら減額には応じず、最初に書いた手を使ってみましょう。

最後にどうしても上記の事ができないような時は、契約を解除してしまうのも手です。

契約時に詳細を説明してくれなかったり、事実確認が難しいということを強く意思表示した上で、契約解除を提案するのです。

契約解除は業者としても争うことなく済ませることができるので、穏便に解決する事ができると思います。

その上で、別の業者に売ればいいだけになります。

以上の事をそれぞれ実行してみてくださいね!